2月28日(告別)

f:id:regulus0731:20170228233925j:plain

本人が居たら、きっと誰よりもこの日のことを面白おかしく話してくれるのだろう。そしてまた、自慢のハーモニカを聞かせてくれるのだろう。

 

さて、いつかまた会う日まで生きるとしようか。土産話の一つもないと、笑われてしまいそうだからな。